いつも通り仕事の日。

低気圧にやられてぼんやりや苛々などしていて、そんな中でふと開いた手帳には友人の命日とメモしてあった。


最近、花を部屋に飾ることを、お社に手を合わせることを怠ってしまっていたから、きょうは久々に花を買って帰ろうと思った。思っていたのに、図書館で本を読んでるうちに忘れてしまって、気付いたのは家に帰ってからだった。寂しい。